100年程前にパリで作られたオリジナルの楽器を使用しています。

 

オールド・バソン・デュオ

 同学年の同業者としてお互いを意識しつつ、敢えては交流しなかった二人の元プロのファゴット奏者が、それぞれ紆余曲折の末バソンに辿り着いた、という共通点から交流を持ち始め、意気投合し2016年にデュオを結成。

 

木管楽器としては限界を超える古さである製作後約100年のオールド・バソンを用い、バソンの持つアンティークな魅力に加え、後年の楽器の進化によって損なわれてしまった本来の木管楽器の音色を追及すべく活動を始める。

 

そもそも、バソンそのものが絶滅危惧種である現状で、オールド・バソン2本によるデュオは極めてユニークである。



ライブ映像


中山  康

出身大学:京都市立芸術大学音楽学部 ファゴット(ドイツ式)専攻

 

ファゴット歴:1982~2001年 宝塚歌劇団オーケストラにファゴット奏者として所属し、一方ではソリストとしてオーケストラと共演、リサイタル開催等。

 

バソン歴:宝塚歌劇団オーケストラ退団直後、バソンに転向、ソリストとしてオーケストラと共演の他、室内楽、各地オーケストラで幅広く活動

 

2016年 それまでのモダンバソンに加え、オールドバソンも入手。「オールド・バソン・デュオ」を結成


二口 晴一

甲南大学在学中よりテレマンアンサンブルに参加し、演奏活動を始める。

 

テレマン室内管弦楽団、東京バッハモーツァルトオーケストラ、バッハコレギウムジャパンなどのバロックファゴット奏者を歴任。

 

15年間の活動休止期間を経て、2014年より、バソン、バロックファゴットで演奏活動を再開。当HPを開設。



ただいま「The Old Basson duo」としてのコンサートを画策中です。おいおい情報を出していきますのでご期待を!!

フェイスブックでも活動報告をしています。

演奏記録

2018.9/2

倉吉室内合奏団定期演奏会

ヴィヴァルディ バソン協奏曲 他

2018.7.16

関西ファゴットフェスティバル

 

曲目:J.J.プラ トリオソナタ ロ短調

2017.4.22

住吉高校同窓会音楽家連盟

コンサート

 

曲目:ボザ/デュエッティーノ


2017.1.28

LA FLUTE ENCHANTEE(ラ・フルート・アンシャンテ)プレオープンパーティにてお祝い演奏